News

JA西都の自己改革について

2017年04月04日

こんにちは!(ま)です!


4月になり、ようやく暖かくなってきましたね♪

先週桜を見に西都原に行ったのですが、全然咲いておらず…

菜の花はきれいに咲いていました!桜が咲いてからまた

見に行きたいと思います\(^o^)/


今日はJA西都の自己改革について紹介したいと思います!

自己改革??あんまり耳にしない言葉だけど何やっちゃろう??

簡単に説明すると、JA西都が行っている取り組みのことです。


農業所得向上に関する取り組み


1.販売力の強化

①重点市場への物流集中化による有利販売の体制づくり

②契約的取引の拡充による安定価格販売の実現


2.生産コストの削減

①予約購買による価格引き下げと価格の見える化

②専門部会別の農薬一括仕入れによる価格引き下げ

③生産者の肥料自己取りによる価格引き下げ

④グリーンセンター・三財支所(購買拠点)の充実・強化

⑤原油・為替相場の動向を注視した低価格仕入れ

⑥農機レンタル事業の普及拡大


3.営農基盤の強化

①品目別産地ビジョンの策定

②新規就農者研修制度による就農者育成(研修施設建設)

③産地パワーアップ事業の活用


地域の活性化に関する取り組み

1.「食と農」「助け合い」を通じたつながり強化

①青年部、女性部、教育機関との連携による次世代(こども達)への食育教育

   (お米つくり、いも栽培、そばつくりなど)

②高齢者への福祉活動(弁当配食、手作り作品など)

2.支所行動計画の実施

①組織・関係機関等との連携による地域共同作業(除草作業、クリーン作戦など)

②地域イベントの企画・参画(収穫祭、地域の祭り)

③地域交流会への参加

④利用者懇談会の開催

⑤スポーツ交流


JA西都は、組合員の「農業所得の向上」と「地域の活性化」を基本方針として、

組合員・地域の皆さまから信頼され、必要とされるJAとなるべく、このような

自己改革に取り組んでいます!!


自己改革についての取り組みの様子を随時紹介していきますのでおたのしみに(*^_^*)