News

徹底管理で良質なカラーピーマンを~現地栽培講習会

2018年12月21日

こんにちは!(ま)です!

中型カラーピーマン部会は12月13日、現地栽培講習会を開きました。

営農指導員は「冬至を境に日射量が強くなるので、意識してかん水してほしい。

たまには自分の手でうねを掘って触ってみて、土壌水分を確認することが大事。

早めの防除をお願いしたい」と呼び掛けました。


また、(公財)園芸植物育種研究所の小川博之氏は「外気温にとらわれずに日射量を

意識してほしい。朝の結露が割れ果の原因につながるため、かん水は午前中の換気後、

早めに行ってほしい」と強く呼び掛けました。


(写真=指導員の話を聞く参加者)