information

JA西都の新型コロナウイルス感染症に対する緊急支援対策

2021年03月11日

 

牛肉消費拡大支援を実施

 JA西都は、新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込む畜産農家の所得支援対策として、牛肉消費拡大支援を実施しました。第56回通常総代会開催に伴い、総代全員に記念品として総額100万円の「みやざき牛消費券」を、5月の農家訪問日を利用し職員が総代宅を1件ずつ訪れ手渡しで配付を行いました。

 

マンゴー消費拡大支援を実施

 JA西都は、新型コロナウイルス感染症の影響で外食産業の営業自粛やインバウンド需要の減少等により、高級嗜好品であるマンゴーの消費が減少したことを受け、マンゴー農家の所得支援策として、4月~6月にかけて贈答によるマンゴー消費拡大キャンペーンを行いました。マンゴー消費拡大キャンペーンに伴う贈答用の送料についてJAが助成。

 JA西都いっちゃが広場で完熟マンゴーや太陽のたまごの贈答用の受付を行い、1,071件の発送を行いました。

 

お茶生産基盤強化対策を実施

 JA西都は、茶生産者全員を対象に茶生産基盤強化対策金を助成しました。これは、気象の影響による大柄化や芽出し肥減の影響等による収量の減少に加え、過剰在庫や新型コロナウイルス感染症によるオリンピック延期などの要因が重なり、例年にない単価安により厳しい販売状況に強いられた生産者の生産に係った肥料及び農薬の一部助成を行うことで、生産者の所得向上と生産意欲の向上につなげることを目的として10月に実施しました。

 

農産物生産対策を実施

 JA西都は、新型コロナウイルス感染症の影響により、ハウス施設園芸生産者の農業所得が減少していることを受け、緊急特別支援対策としてハウス施設園芸農家に対し、農産物の生産にかかった重油代の一部を助成することでコスト軽減を図ることが目的。対象期間は令和2年2月~7月の重油購入に対し1/ℓ、令和2年11月~令和3年1月の重油購入に対し3円/ℓの対策助成金を1月末に実施しました。