Support

農業での独立を目指す意欲のある農業研修生を募集します。

研修事業の目的

将来、農業で自立を目指す農業後継者や新規就農者等を受け入れて、農業技術や経営手法等についての研修を行い、農業の担い手を育成することを目的とします。

募集要領

応募資格 おおむね50歳までのやる気のある方
応募条件 ・農業経営に対し固い意志と意欲がある農業後継者や新規就農希望者等で、研修終了後も引き続き西都市に居住し、農業を続ける者
・研修中から生産部会に加入し、かつJA事業を活用できる者
・トレーニングハウス独立営農資金として1年間分の運転資金の準備ができる者
・心身ともに健康である者(健康診断書確認必須)
募集期間 平成29年2月~平成29年3月末
募集人員 希望者数及び受入体制により決定する(5~7名程度)
研修期間 平成29年7月1日~平成30年6月30日
(ただし、品目により変更有)
研修場所 JA西都管内の農家およびJAトレーニングハウス
研修品目 原則として、施設ピーマン、施設キュウリ、カラーピーマンから選択
研修助成措置 青年就農給付金準備型 年150万円
非該当の場合は、JA西都・JAグループ・西都市等の助成措置 年140万円程度
各種資格取得 研修期間中、必要な免許等の資格取得を行う
就農支援 リースハウス、農地管理、補助金制度、融資資金対応、経営指導、販売、市の住宅費用一部助成など
応募・お問い合わせ先 西都・西米良地域担い手総合支援協議会就農支援部会
 西都市農業活性化センター     0983-43-1153
 JA西都営農企画課         0983-35-4129
 宮崎県児湯農業改良普及センター  0983-43-2311

※予備審査および面接審査に合格した方を研修生とします。

 

 □ 農地、施設、農機など投資資金が必要ですので、堅実な保証人が2名必要です。

 □ 就農場所、就農形態等はあらかじめ計画が必要です。JA及び関係機関と十分協議

   を行い、相談を受けながらハウス建設及び資金相談等の支援を行います。

 □ 研修期間中は、JA西都、西都市等の関係機関が示す規約、要領等を遵守していた

   だくことになります。

研修概要

 □ 1年目はトップ農家で研修

   (青年就農給付金準備型を活用できます)

 □ 2年目からJAトレーニングハウスを使った独立営農研修がスタート(最長2年)

   (青年就農給付金開始型を活用できます)

 □ 基礎研修(技術・経営)も並行して行います

研修内容 研修先・支援機関
基礎技術・経営研修 土壌・防除・機械・経営・制度等の基礎研修 普及センター・JA等関係機関
実践研修 ①栽培実習(作付~収穫、土づくり)
②部会学習会への参加
トップクラスの栽培農家
就農計画作成研修 ①就農計画作成
②収支計画作成
西都市・JA・普及センター等

就農後の支援

集合学習のほかに、個別に技術・経営の両面から、西都市・JA西都・宮崎県の総合支援で応援します。
個別指導 ・栽培技術指導
・現地巡回指導
・経営コンサル(2~3年目に実施)
集合学習 ・JA生産部会学習会(栽培技術)
・基礎経営・技術研修(経営・土壌・防除・機械等)
・記帳研修